FOODdiner

本気のソムタム

Raan Peak Som Tom Gai Yang

エアポートリンクのラートラクラバン駅、または、国鉄フアタケ駅から
タクシーで数分のところにあるイサーン料理の食堂。
食堂といってもほぼ野外で、申し訳程度に古い扇風機がカラカラと
回っている店内は、おせじにもきれいとは言いがたく、
ちょっと入りづらいかも?

でもこの食堂、見た目は粗野な感じだけど、実はすべてにちゃんとひと手間
加えた、とてもおいしいイサーン料理を出してくれるお店なのだ。

ラープ・ペッド(アヒル肉のラープ)。
包丁で荒く叩いたアヒルの肉とレバーは、脂のうまさが際立つ
プリッとした食感で、大きめに切ったパクチーファランやホムデンの
フレッシュな香りがマッチしてすごくワイルドなラープ!
珍しく、揚げたあひるの皮がトッピングしてあって、(これがひと手間!)
この一皿で、本当にいろんな歯ごたえが楽しめます。もちろんビリビリ辛い。

ガイヤーン。お肉にはほんのり下味がついている程度なんだけど、
一夜干しした鶏肉を使用しているから、
噛む程に肉本来のうまみがジュワッと出てきて、皮はパリパリの焼き加減。
ナムチムジエオ(タマリンドベースのイサーン式のタレ)は
甘さを押さえてキリッと仕上がった大人の味…

そしてこれがソムタム・プー・パラー。
私が本気のソムタムと呼んでいる一品。

まず、マラコー(青パパイヤ)がみずみずしく、叩き具合が絶妙。
シャリっとした歯ごたえを残しつつ、適度に味が染みていて、ちょうどいい!
写真を見てもらうとわかると思いますが、
お皿にしみ出した水分がとても少ないんです。
これは、調味料や具材の水分も上手に叩きこんでいる証拠。
口に入れると、ジューシー。結構すごいと思う!

そして、「臭い!けどうまい!」の、沢蟹と川魚の発酵調味料に、
トマトとマカームの甘みと酸味のバランス、すべてがもうバッチリ私好み!
そして複雑風味のマコックも入ってるし容赦なく辛い!ありがとう!ビールください!

※私的ポイントのมะกอก (マコック)は、イサーンスタイルのソムタムにはかならず入ってる
渋くて酸っぱい独特の風味がある黄色い果実なんだけど、
バンコクで食べるソムタムには入ってない事が多い…気がします。
マコック・ドーン(梅味のシロップに漬けたもの)は、お酒のつまみにもいい。
これは街角のフルーツ屋台で買う事ができます。

ああ、思い出しただけでヨダレが…。
空港から近いから、バンコクに到着したらその足でまたすぐ行きたい〜!

2013-07-19 12:31:33byAya Miyake

  • ร้านเปี๊ยกส้มตำไก่ย่าง ซอยธนาคารกรุงเทพ raan peak som tom gai yang