FOODone dish

旧市街地で食べる、熱々のあんかけ麺。

พาชิมราดหน้ายอดผัก สูตร 40 ปีี Rat Na Yot Phak Sut 40 Pi

バンコクの旧市街地にあるタナオ通りとディンソー通りには、古くから営業を続ける老舗の食堂やおいしいと評判の屋台が点在する食べ歩きが楽しいエリア。以前ご紹介したカオニャオのお店もこの界隈にあります。
町に派手さはありませんが、古いタウンハウスが軒を連ね、ヴィンテージ感のある下町風情がとても心地よく、バンコクを訪れるたびに足を運びます。

そんなタナオ通りに「พาชิมราดหน้ายอดผัก สูตร 40 ปีี Rat Na Yot Phak Sut 40 Pi」
というラートナーの食堂があります。
ラートナーは、日本でいうと皿うどんに似た、あんかけ麺のこと。中華系タイ料理、定番の一品です。

麺は、センミーやセンヤイとよばれるお米の麺、「バミークローブ」という油で揚げて鳥の巣のようになったたまご麺を選べます。店先でジャーっといい音をたてながら次々に揚げられていくので運が良ければあつあつ揚げたてのバミークローブがいただけます。また、センヤイの生麺はタイに来たら一度は食べておきたい!半透明でぷりぷりモッチリした食感は病み付きになります。今日はどの麺でいただこうかしら…。う〜ん、どれも捨てがたい…。

ここの特徴はなんといっても「つゆだく」でさらりとした餡。
少し甘めのやさしい味付けです。
見て!このつややかな餡。あんかけのお料理ってまず見た目でそそられるよね。
私は定番の豚肉&カナーが大好き。ほろ苦くこりっとしたカナーの歯ごたえに、しっかりと下味のついたやわらかい豚肉の相性は抜群!ここに、胡椒をたっぷりふって、少しお酢をたらして口に運べば…ああ幸せ。
だんだん餡が麺に染込んで、少し柔らかくなった頃合いもまた美味しい!

他には「海鮮(海老&イカ)」のラートナー、トッピングには、カイジャオ(揚げ卵)を乗せることも出来ます。また、餡と麺を別盛りにすれば、
最後までバミークローブのカリカリ感を楽しめます。

2014-01-31 15:19:07byAya Miyake

  • พาชิมราดหน้ายอดผัก สูตร 40 ปีี ( Rat Na Yot Phak Sut 40 Pi )

  • adress
    514 Thanon Tanao Pranakorn